➡︎ 部屋探し手順 10step はこちら ⬅︎

礼金とは?意味や由来、いつ払う?返ってくる?等、分かりやすく解説。

本日はお部屋探しをしている方に向けて、礼金とは何かについて解説いたします。

この記事はこんな方にオススメです。

  • 礼金って返金されるの?
  • 礼金ってどういうお金?
  • 敷金や仲介手数料との違いは?
  • 払う必要がないのでは?
  • 礼金有の物件は損?契約しない方がよい?

払ったことはあるけどよく理解しないで払っている人は、特に参考にしてみてください。

結論

  • 礼金とは家賃の一部
  • 支払う必要がある
  • 返金されない
  • 礼金はゼロが理想
  • 礼金無しで検索してはいけない

自己紹介

mai

賃貸一筋20年の宅地建物取引士。
賃貸業務一連の実務経験有り。
現在は年間約200本の賃貸借契約がメイン。
「満足度の高い取引の達成」を目指しましょう。

このサイトは、コンプライアンスを重視します。

常識から逸脱する行為は、事例として紹介することはありますが推奨はできません。

また、筆者の経験から派生した主観が含まれます

ご意見、ご質問などお気軽にコメントください。

この記事を読むと得られる事

  • 賃貸動向と、実情の把握 
  • 賃貸知識と、知恵の習得 
  • 取引の疑問と、不安解消 
  • 判断力と、対応力の向上 

それでは細かく見て行きましょう。

礼金とは?

礼金とは謝礼のお金です。

契約時に支払う必要があり、返金されません

礼金の相場は賃料の1ヶ月分から2ヶ月分が相場となっています。

詳しく説明していきましょう。

20年前あたりは賃料の2ヶ月分が標準、という印象でしたが、だんだんと減っていて最近では礼金1ヶ月や0ヶ月も増えてきています。

礼金の金額が減少傾向にあるのは、賃貸住宅の供給が進むにつれ、供給過剰になっていることが原因で、入居者に入ってもらいたい、空室を無くしたいという、理由からです。

言い方を変えると家賃を下げたくないから、礼金を下げて調整している。

さらに別の言い方をすると、見かけの安い賃料で契約させて、礼金で回収している、とも言えます。

要するに「家賃の一部」なのです。

礼金の由来は?

由来はいろいろな説があるのですが、謝礼のお金という説が一番強いのかなと感じています。

元々は戦後、住宅が不足していた時代に、大家さんに対しお部屋を貸してくれてありがとう、といった感じで支払われていたお金だと言われています。

mai
mai

日本の文化らしいちゃんと支払う意味があったんですね。

最近ではこう言った意味合いは不動産関係者ですら知らない事も多く、資料に書いてあるからいただく、単純な手数料のような感覚で、お客様に請求している事がほとんどです。

「敷引」という費用がかかる場合もあります。

契約時に支払い返金されないと「明記」されている敷金です。

要するに礼金みたいなものです。

関東圏でも実は特定のエリアでは当たり前となっている地域もあります。

主に関東圏で支払う必要がある費用となっていますが、地域によってはあったり、なかったりします。

ちなみに敷金についてはこちらの記事をご覧ください↓

礼金を支払うタイミングは?

由来からもわかる通り、礼金は入居するときに借主から貸主に支払われます。

通常、契約金と呼ばれますが、礼金の他に、敷金、前家賃、保証料や保険料、仲介手数料、鍵交換代なども合算で支払っていただくことが多いです。

礼金は帰ってくる?

礼金の返金はありません。契約時に謝礼のお金として支払うため、当然返金もされません。

昔の大家さんはお米や野菜のお裾分けをしたり、頑張って物件の掃除や修理をしてくれたりしてた印象があります。

入居してくれた方に対して、いろいろ面倒をみてあげていた、という事です。

mai
mai

私の推測となりますが、入居する方は本当の意味で謝礼のお金を支払っていた、ぜひ受け取ってほしいと言った感じで支払っていたのかなと感じます。

最近は供給量も増え、不動産会社に任せる大家さんが増えてきたので、そのような大家さんを見ることはあまりなくなりましたが、今思えば以前はそういう大家さんをちょくちょく見かけた事があります。

そういう大家さんは不動産屋にも優しく、用事があって訪問すると世間話をしながらおもてなしをしてくれる事がよくありました。

礼金は必要?払わなくてよい?

結論、礼金は必要で支払う必要があります

ここでついに核心に触れますが、礼金、払いたくないですよね。

やはり今の時代に合わない、撤廃すべき費用だと思います。

更新料解説の時にも熱くなってしまいましたが、更新料に対する考えと理由はほとんど同じで、賃料に含まれるべき、だと考えます。

どうしても礼金が欲しければ賃料に上乗せすれば良いのです。

全ての物件から礼金を撤廃した方が、月額費用が明確になり借り手としても、比較しやすいですよね。

ただ条件として設定されてしまっている以上、違法性もなく支払う義務はあります。

物件によっては交渉もできるかもしれませんが、基本的には支払わないと貸してくれないのです。

人気物件は礼金がある!?

ここで不動産屋としてのアドバイスです。

払いたくない礼金ではありますが、統計上は礼金が増えるほど、賃料は安くなります。

必ず礼金有も含めて検索しましょう。

現代の礼金は「家賃の調整」的な要素が増えています。

賃貸物件は様々な事情で、基本的に家賃は下げにくいのですが、上げにくい事もあるのです。

どういう事かというと、割安で人気がある物件は礼金2ヶ月、割高で人気がない物件は0ヶ月、といった感じで礼金で調整される場合がある、という事です。

例えば↓

  1. 家賃80,000円 礼金0ヵ月
  2. 家賃75,000円 礼金1ヵ月(75,000円)
  3. 家賃70,000円 礼金2か月(140,000円)

極端な例ですが、この場合どの物件が良いと思いますか?

そう、一概に礼金2が悪いとは言えなくなるのです。

入居年数によっては礼金2か月の方が割安となる場合もあります。

必ずしも礼金0ヶ月が良いとは限りません。

もちろん礼金が0ヶ月で大人気、という物件もありますが、礼金を0ヶ月にしないと決まらないほど割高(人気がない)、という可能性もあるのです。

逆に割安な礼金2ヶ月の物件に人気が集中するという事例も数多くあります。

要するに賃料設定で全て決まるって事です。

mai
mai

つまり礼金0ヶ月だけで絞ってしまうと、割安な人気物件を見落とす可能性がある、ということです。

礼金は人気の指標くらいで捉える方が良いのかもしれません。

いつか敷金・礼金・更新料などの分かりにくい費用は全て禁止、、、となってほしいものです。

まとめ

礼金は家賃の一部。

契約時に払う必要があり、返金されません。

礼金はゼロが理想だが、礼金有も含めて検索する必要がある、と言えます。

時代は変わり、賃貸借契約や管理は、不動産会社や管理会社がマニュアル通りに事務的に進める事が圧倒的に増えてきました。

物件の質も、管理の質も、大家の質も、お客様の質も、昭和の時代とは見違えるほど良いものとなっているといえるでしょう。

これはこれで順当に進化したのだと思いますが、当然それに伴って昔の温かみと言いましょうか、ふれあいというか付き合いというか、どこか淋しい感じにも変化をしてしまいました。

ただ、順当な進化に追いついていないものがあります。

それが礼金です。

mai
mai

レンタカーを借りるときに、礼金はかかりませんよね。

何故戦後生まれたこの古いしきたりが、令和のこの時代まで残っているのでしょうか?

それは、少しでも儲けたい(補いたい)からです。

礼金は単純な利益でしかありません。

どんな商売でも礼金がもらう事ができるのであれば、利益は倍増しますよね。

この味を一度知ってしまうと、なかなか抜け出せないんでしょうね。

そう、時代は借りてくれてありがとう、なのです。

ではまた。

にほんブログ村 住まいブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA